東京五輪の女子マラソン日本代表、鈴木亜由子選手(28)=日本郵政グループ=の壮行会が十五日、母校の名古屋大(名古屋市千種区)で開かれた。陸上競技部の後輩から花束を贈られた鈴木選手は「最後まで自分らしく、メダルを目指して精いっぱい頑張りたい」と活躍を誓った。

 豊橋市出身の鈴木選手は二〇一〇年に経済学部に入学し、一四年に卒業した。一六年には5000メートルでリオデジャネイロ五輪に出場。今年九月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で二位になり、東京五輪の切符も手にした。

 壮行会には、陸上競技部の現役生やOB・OG、経済学部の卒業生同窓会などから三百人が集...    
<記事全文を読む>