2020年東京五輪のうち、札幌で開催されるマラソンのコース決定に向け、国際オリンピック委員会(IOC)と世界陸連、大会組織委員会の関係者約20人が14日、札幌市内を訪れ、未定となっている後半約22キロ分の選定のため、三つのコース案に沿って現場の道路を視察した。

 マラソンコースを巡っては、IOC理事会が4日、組織委が示している周回案をベースに、前半は市街地の20キロを1周すると決定した。

...    
<記事全文を読む>