2019年北海道新聞スポーツ賞の贈呈式が11日、札幌市中央区の札幌グランドホテルで行われ、スポーツ界で活躍した北海道ゆかりの3個人を表彰した。

 受賞者は、陸上男子100メートルで日本人3人目となる9秒台をマークした小池祐貴選手(24)=住友電工、立命館慶祥高出=、ノルディックスキー・ジャンプの2018~19年シーズンワールドカップ(W杯)で日本男子初の個人総合優勝を果たした小林陵侑選手(23)=土屋ホーム=、陸上男子走り幅跳びで日本新記録となる8メートル40をマークした城山正太郎選手(24)=ゼンリン―東海大札幌=の3人。

 また今後の活躍が期待される団体、選...    
<記事全文を読む>