岡山市で15日に行われる第38回山陽女子ロードレース大会(山陽新聞社など主催)の出場293選手が5日、決まった。「有森裕子杯」のハーフマラソンに89人、「人見絹枝杯」の10キロに204人がエントリー。9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を制し、東京五輪代表に決まった前田穂南(天満屋)らトップランナーが顔をそろえた。

 ハーフは、大会史上2人目の連覇が懸かる前田らMGC出場5人が名を連ねる。MGC3位の小原怜(天満屋)は2016年大会の覇者。マラソンで日本歴代4位(2時間21分36秒)の記録を持つ安藤友香(ワコール)や野上恵子(十八銀行)、岩出玲亜(ア...    
<記事全文を読む>