2020年東京五輪マラソンが札幌移転となったことについて、「公務員ランナー」として名を上げ、今春からプロに転向した川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)は2日、「暑さは想定できていても多くの国は対策できていなかったので、喜ばしい決定だと思う」と話した。札幌市内での講演後、記者団の取材に応じた。

...    
<記事全文を読む>