第63回中国四国学生駅伝(中国四国学生陸上競技連盟、中国新聞社主催)が1日、山口市であった。市内を周回する6区間、53・5キロのコースで競い、環太平洋大が2時間42分12秒で初優勝した。最優秀選手の東川賞には4区で区間新を記録した杉原健吾(環太平洋大)が選ばれた。

 昨年に比べ3校少ない16校に、オープン参加を含めた25チームが出場。環太平洋大は4位でたすきを受けた2区小山が3人を抜きトップに。広経大との競り合いの展開の中、4区杉原が終盤で突き放し、5区千原がリードを広げた。

 8連覇を狙った広経大は3区木邑が区間賞の走りを見せ、中盤まで環太平洋大と接戦を繰り広...    
<記事全文を読む>