第八十一回東海学生駅伝対校選手権大会と第十三回東海学生女子駅伝対校選手権大会(ともに東海学生陸上競技連盟、中日新聞社主催)が一日、愛知県の知多半島で開かれた。今年は静岡大の男子が県勢唯一の出場。昨年より順位を二つ上げて七位だった。

 男子は静岡大のほか、愛知、三重、岐阜から全十九校が出場。武豊緑地(武豊町)から半田運動公園陸上競技場(半田市)までの63・5キロを七区間で競った。

 静岡大は中盤、四区を十一位でスタートした篠原理玖選手(二年)が八位まで浮上。その後、七区の中山峻弥選手(四年)がもう一つ順位を上げて3時間30分14秒の七位でゴールした。

...    
<記事全文を読む>