バスケットボール男子のB2は29日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで第16節の7試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同3位のFE名古屋に79―58で快勝した。信州は7連勝で、通算成績を23勝5敗とした。
 信州は第1クオーター(Q)の序盤、マクヘンリーの3点シュート2本からリズムをつかみ、10点のリードに成功。しかし、第2Qは相手ガード陣にシュートを許し、2点差まで追い上げられた。後半は守備を立て直し、第3、4Qをそれぞれ12失点に抑えて逃げ切った。
 信州の次節は来年1月4、5日。福島県郡山市の宝来屋郡山総合体育館で東地区5位の福島と対戦する。 <記事全文を読む>