バスケットボール男子・Bリーグ三部(B3)のベルテックス静岡は二十九日、静岡市駿河区の草薙総合運動場体育館で埼玉ブロンコスとの年内ホーム最終戦に臨み、61-70で競り負けた。成績は十勝十五敗、十二位中九位で今年を終えた。

 前半は互いにシュートが入らない展開で、留学実績選手として二十三日に加入したアブ・フィリップ選手(専修大)が強烈なダンクシュートに加え、相手のシュートをブロックするなど攻守で活躍。28-28の同点で折り返した。

 後半の第三クオーターは相手に3点シュートを効果的に決められ、一時は10点差をつけられた。第四クオーターで外国籍選手を中心に追い上げた...    
<記事全文を読む>