満員のさいたまスーパーアリーナは、お祭り騒ぎの高揚感に包まれていた。米プロバスケットボールNBAのウィザーズに1巡目指名された八村塁がプレーした8月の男子日本代表強化試合。「バスケを一丸で盛り上げていこうとしている中で、すごくうれしい」。大観衆の期待を楽しむように、規格外の能力を披露した。

 身長203センチ、体重102キロの体を生かし、海外の大型選手にも無理なく競り勝てる。ゴール下の支配力を高め、日本のリバウンド力を確実に底上げした。逆転勝ちしたドイツ戦の終盤では、切れ込んできたNBA選手のシュートを狙い澄ましてブロックする賢さも見せた。

 日本にとって、高さ...    
<記事全文を読む>