B1は25日、アオーレ長岡などで第14節の9試合を行った。中地区の新潟アルビレックスBBは同地区の三河と戦い、91-92で惜敗し、2連敗。通算7勝17敗で、順位を5位に落とした。

 新潟は第1クオーター(Q)はリードしたが第2Qに追い付かれ、後半の競り合いでわずかに及ばなかった。

 東地区首位の宇都宮は千葉に82-79で勝ち、20勝4敗とした。中地区首位の川崎は同2位の富山を98-90で下し、21勝3敗となった。西地区1位の大阪は京都を73-70で退け、同2位の琉球も名古屋Dに92-80で勝ち、ともに16勝7敗とした。

...    
<記事全文を読む>