バスケットボール男子のBリーグ1部は9試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は延長の末、104―103で同地区3位のSR渋谷を下した。通算成績は11勝13敗で順位は変わらない。

 レバンガは10点を追う展開で始まった第4クオーター中盤で追いつき、88―88で延長へ。ミークスが延長に8得点を挙げるなどして競り勝った。

...    
<記事全文を読む>