プロバスケットボールBリーグ一部滋賀レイクスターズは二十一、二十二日、大津市におの浜のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で新潟アルビレックスBBと対戦し、一勝一敗だった。通算成績は十勝十三敗で、西地区四位のまま。

 二十一日は74-78で惜敗。クレイグ・ブラッキンズ選手や高橋耕陽選手が外角からシュートを決め、リードを奪う。しかし、後半に入ると新潟のシュート精度が高まり苦戦。相手選手のマークを外してしまう場面も増え、逆転を許した。

 二十二日は72-67で競り勝った。レイクスは守備を立て直し、終盤にリズムをつかむ。斎藤拓実選手がパスカットからの速攻や3点シュートな...    
<記事全文を読む>