バスケットボール男子のB2は22日、熊本市の熊本県立総合体育館などで第15節の6試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区5位の熊本に105―60で快勝した。信州は5連勝で、通算21勝5敗とした。

 信州は19本を決めた3点シュートで圧倒した。第1クオーター(Q)は西山の11得点、マーシャルの8得点などで17点をリードし、第2Qも大崎、飯田がともに3本の3点シュートを沈めて31点差に広げた。途中出場組主体で臨んだ後半も攻勢は続き、チームとして今季2度目の100点超え試合となった。

 信州の次節は28、29日。千曲市のことぶきアリ...    
<記事全文を読む>