盛岡少年院(古屋博幸院長)は19日、盛岡市月が丘の同院体育館で、バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岩手ビッグブルズ(水野哲志社長)の選手らによるバスケットクリニックを開き、少年22人が目を輝かせながらプロの技を学んだ。

 藤江建典(32)、上田雅也(26)、高橋幸大(28)の3選手が指導。少年たちは選手の動きを食い入るように見つめ、シュートやパス、ドリブル練習に熱心に取り組んだ。最後のミニゲームでは少年たちがブルズの選手から得点を奪い、会場が大歓声に包まれた。

...    
<記事全文を読む>