バスケットボールの全日本大学選手権(インカレ)で東京医療保健大(関東1位)が3年連続3度目の優勝を飾った。今月14日に東京・駒沢体育館で行われた女子決勝で白鴎大(同2位)の追い上げを振り切り72-60で勝利。昨年に続いて最優秀選手賞に輝いた主将の永田萌絵(4年・長崎商高)は今秋に行われた3人制のU23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)で女子日本代表の初優勝に貢献するなど、大舞台と無縁だった高校時代から飛躍を遂げた。女子バスケ界のシンデレラ候補は来夏の東京五輪出場を目指す3人制女子の日本代表入りを視野に、2020年から活躍の“コート”をWリーグに移す。(西口憲一...    
<記事全文を読む>