東地区最下位レバンガ北海道は14、15の両日、北海きたえーるで西地区2位の琉球と対戦する。チームは13日、練習を公開した。

 リーグ通算成績9勝10敗。前節は47―84と千葉に大差で敗れているだけに攻守の修正が求められる。琉球のポイントガード、並里と岸本はスピード、ボールコントロールともにたけており、警戒が必要。1試合平均10・3リバウンドでリーグ4位のクーリーら外国籍選手も強力だ。昨季まで琉球に所属していた橋本は「互いに得意なプレーは分かっている。100パーセントの力で止めたい」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>