バスケットボール男子のB2は11日、長野市ホワイトリングなどで第13節の9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同6位(最下位)の越谷に95―51で大勝した。信州の通算成績は17勝5敗。2位西宮が敗れたため、ゲーム差は2に広がった。

 信州は序盤から3点シュートの成功率が上がらず、第1クオーター(Q)は20―16と接戦。それでも、第2Qはマーシャルを中心にゴール下で主導権を握り、42―32で前半を折り返した。第3Qは西山の3スチールなど好守備から次々と速攻を決めて大量リードを奪い、そのまま押し切った。

 信州は14、15日に長野市...    
<記事全文を読む>