バスケットボール男子、B2仙台は11日、群馬県みどり市の桐生大学グリーンアリーナで東地区2位の群馬と対戦する。10日は仙台市青葉区の仙台大明仙バスケ・ラボで、動き方の確認を中心に調整した。
 群馬は11月、FE名古屋に昨季所属した214センチの長身センター、スタツを獲得。ゴール下を強化した。攻撃リバウンド数はリーグ3位の1試合平均12.1。積極的に飛び込んでくるため警戒が必要だ。桶谷監督は「いい守備を続けて、しっかりとリバウンドも拾いたい」と話した。

 群馬戦は、守備で頭角を現した阿部の先発が予想される。26歳のスモールフォワードは「1対1での守備には自信がついて...    
<記事全文を読む>