シューティングガードの中野が3点シュート4本を含む、キャリアハイの16得点で連敗阻止に貢献した。カミングスに担がれて、ヒーローインタビューに登場したルーキーは「素直にうれしい」とはにかんだ。

 今季のレバンガは先発にポイントガード(PG)2人を起用する戦術をとっているが、主力PGの多嶋をけがで欠くなど台所事情は厳しく、内海ヘッドコーチが今季16試合先発のPG松島を温存して中野をスタメンで初起用した。

 「勝つためには若い力が必要」という指揮官の期待を意気に感じた中野は躍動。第1クオーター8―6の場面で、ジャンプシュート、3点シュートと立て続けに決めてリードを広げ...    
<記事全文を読む>