バスケットボールB1第10節は7日、各地で8試合を行い、東地区首位の宇都宮ブレックスは大田原市の県北体育館で西地区の名古屋Dと対戦、最大15点差をはね返し、81-77で逆転勝利を飾った。中断期間を挟んで連勝を6に伸ばし、通算成績は13勝4敗、東地区首位をキープした。

...    
<記事全文を読む>