バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権大会2次ラウンド(日本バスケットボール協会主催、下野新聞社など共催)最終日は1日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)ほかで男子5回戦と女子4回戦を行い、B1宇都宮ブレックスはB2信州に74-65で競り勝って8強入りし、ファイナルラウンド(来年1月9~12日、さいたま市)進出を決めた。

 ブレックスは第1クオーター(Q)開始から信州のハードなマンツーマンディフェンスの前に得意の3点シュートを封じられ、前半を30-37のビハインドで折り返した。それでも後半は守備の強度を高めて主導権を奪い返し、第3Qを終えて51...    
<記事全文を読む>