バスケットボールの全日本選手権2次ラウンド最終日は1日、ノーリツアリーナ和歌山ほかで男子5回戦と女子4回戦を行い、男子でB1のレバンガ北海道は4連覇を狙ったB1千葉を78―66で下して8強入り。ファイナルラウンド(来年1月9~12日・さいたまスーパーアリーナ)へ駒を進めた。

 レバンガは32―31で前半を終え、第4クオーターまで接戦となったが、最多21得点のカミングスや橋本らの得点で差を広げて勝利した。

...    
<記事全文を読む>