第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会(日本バスケットボール協会主催、共同通信社・佐賀新聞社など共催)の2次ラウンド第1日が30日、愛媛県総合運動公園体育館などであり、佐賀県勢は、男子の佐賀バルーナーズ(B3)が4回戦で琉球ゴールデンキングス(B1)に51-112、女子のひらまつ病院は3回戦で日立笠戸(山口)に56-66で敗れた。

 佐賀バルーナーズは、B1屈指の実力を誇る琉球の攻撃力に苦しみ、第2クオーター終了時点で30点差を付けられた。第3クオーター以降もリードを広げられ、2年連続で同じ相手に屈した。

 ひらまつ病院は、178センチの...    
<記事全文を読む>