横浜に圧勝したレバンガ北海道。ただ、折茂は「今日の収穫は勝ったことのみ」と表情を曇らせた。

 内容を伴った勝利ではなかった。横浜は外国籍3人と日本人1人の計4人の主力をコンディション不良で欠いた。それなのにレバンガはパスミスでボールを失ったり、シュートを外したりでリズムに乗り切れない。Bリーグ開幕戦で戦った顔ぶれと大きく違ったため「戸惑いがあった」(橋本)というが、ふがいない。

 この日、レバンガが自らに課したテーマも消化不良に終わった。5回戦で千葉と対戦することを見据え、オフェンスリバウンドに集中したものの「12」にとどまった。横浜は「10」。点差に比べて見劣...    
<記事全文を読む>