サッカーの全日本高校女子選手権は2020年1月3日、兵庫県内で1回戦16試合が行われ、32校の熱戦が始まる。福井県勢は16年連続16度目出場の福井工大福井(北信越3位)が京都精華学園(関西4位)と神戸市のいぶきの森球技場で対戦。前々回大会の3位を超える上位進出を目指す。

 攻守とも攻撃的なサッカーを基本に「今年はサイド攻撃が強み」と久保直也監督。両サイドFWの久保華恩、松原凪が仕掛け、中央のエースストライカー幹戸萌が仕留める形に持ち込みたい。1年生から試合に出場する幹戸は持ち前の運動量にしなやかさが増し得点力に磨きを掛けた。

 幹戸と、冷静な試合運びができるボラ...    
<記事全文を読む>