先日、磐田のMF太田吉彰(36)が現役引退を発表した。仙台でも2010年から5季プレー。ユアスタ仙台でサポーターの後押しに応えるように右サイドを駆け上がった。その勇姿に数々の思い出がよぎり、中でも忘れられないシーンがよみがえった。
 2011年4月23日のアウェー川崎戦。東日本大震災で中断していたリーグ戦の再開初戦だった。0-1の後半28分、倒れ込みながら同点ゴールを決め、しゃがみ込んだままガッツポーズ。「みんなの気持ちが押し込んでくれた」。ほとばしる執念で、被災の悲しみから再び立ち上がろうとするサポーターを喜ばせた。
 その後も「被災地の希望の光」(当時の手倉森誠...    
<記事全文を読む>