日本サッカー協会は29日、来年1月にタイで開催されるU―23(23歳以下)アジア選手権に臨む日本代表に、今年のJリーグ・ベストヤングプレーヤー賞に輝いた田中碧(川崎)ら23人を選出した。広島からはGKの大迫敬介、森島司と松本泰志の両MFの3選手が名を連ねた。久保建(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)は入らず、海外組の招集は食野(ハーツ)のみ。

...    
<記事全文を読む>