J1仙台は29日、鳥栖からMFイサック・クエンカ(28)=179センチ、68キロ=を完全移籍で獲得したと発表した。スペイン1部の強豪バルセロナなどでプレーした才能豊かな選手の大型補強で、チームの攻撃力の底上げを図る。
 スペイン出身のクエンカはバルセロナの下部組織を経て、トップチームに所属した2011年にはクラブワールドカップで優勝を経験。アヤックス(オランダ)、グラナダ(スペイン)などでもプレーし、スペインのU―21(21歳以下)、23(23歳以下)にも選出された。
 今季は鳥栖に加入し、リーグ戦29試合出場で6得点。主にサイドの攻略を得意とし、精度の高いクロスに...    
<記事全文を読む>