女子サッカーの静岡SSUアスレジーナは28日、元日本女子代表の本田美登里氏(55)が来季から監督に就任すると発表した。
 静岡市清水区出身の本田氏は清水第八SC、読売ベレーザ(現日テレ)でプレー。清水商高(現清水桜が丘高)時代に日本女子代表に選出され、国際Aマッチ43試合に出場した。指導者としては岡山監督、U―20(20歳以下)日本女子代表コーチなどを務め、2013年から指揮を執ったなでしこ1部長野は今季限りで退任することが決まっていた。
 本田氏は「オール静岡を目指すチームを指揮することに強い使命を感じている。サッカー王国と言われた静岡からも女子サッカーを盛り上げ...    
<記事全文を読む>