サガン鳥栖から代表に選出されたMF松岡大起は後半途中から出場を果たした。松岡は「いい緊張感の中で、しっかり自分のプレーができた」とうなずいた。

 後半36分、MF松本に代わって中盤に入ると、相手の背後から鋭いプレスをかけ続けた。攻撃では後半45分に最前線まで駆け上がるなど積極性を見せ、「常に得点を狙っていた」と振り返った。

 今回のメンバーで最年少の18歳。ただ、「年齢は関係ない」と東京五輪の代表を狙う。そのためにはJ1での活躍が求められる。松岡は「来季は開幕から使ってもらえるよう、貪欲に練習したい」とさらなる飛躍を誓った。

...    
<記事全文を読む>