【帯広】帯広市を拠点とする社会人サッカーチーム「北海道十勝スカイアース」は1月13日、東京で入団試験を行う。道外での試験は今回が初めてで、合格者にはスポンサー企業への就職をあっせんするなど十勝での生活を支援する。目標とするアマチュア最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)昇格に向け、有望選手の発掘を図る。

   試験は関東リーグの「ブリオベッカ浦安」(千葉県)と合同で行う。スカイアース統括ゼネラルマネジャーの城彰二さん(44)と、ブリオベッカ監督の都並敏史さん(58)は元日本代表選手同士で親交が深く、「地方の底上げがサッカー界全体の盛り上がりにつながる」...    
<記事全文を読む>