J2徳島ヴォルティスは27日、DF内田裕斗(24)がJ1鳥栖へ完全移籍することを発表した。今オフの主力の他チームへの移籍は4人目となった。

 大阪府出身の内田はJ1G大阪の育成組織を経て14年にトップ昇格。15年から徳島でプレーし、スピードやドリブルを武器に左サイドバックなどで活躍した。今季は主に3バックで出場し、対人守備での強さを見せたほか、中央へ切れ込んで攻撃の組み立てにも積極的に関わった。チームの4位躍進に攻守で大きく貢献した。

 今季はチーム5番目の出場時間で37試合出場2得点。徳島での5年間はJ2リーグ戦で141試合9得点、天皇杯6試合1得点だった。内...    
<記事全文を読む>