J1王者の横浜Mは27日、来季の新戦力としてC大阪のMF水沼宏太(29)=176センチ、72キロ=を完全移籍で獲得したと発表した。地元・横浜市出身の水沼は約10年ぶりのクラブ復帰となる。

 水沼は豊富な運動量と右足の正確なキックが武器のサイドアタッカー。プロ12年目の今季はリーグ戦31試合に出場し、自己最多タイの7得点をマークしていた。

 横浜Mには中学生年代から在籍し、2007年に当時17歳でリーグ戦デビュー。元日本代表の父・貴史氏(現サッカー解説者)と親子2代のマリノス選手としても注目され、翌08年にトップチーム昇格を果たした。その後は10年途中に栃木へ移籍...    
<記事全文を読む>