兵庫県三田市出身のプロサッカー選手ら6人が、小学5年生と交流するスポーツイベント「SANDAドリームサッカー2019」が26日、駒ケ谷運動公園(ゆりのき台1)であった。120人が卓越したボールさばきや動きの速さを肌で感じた。

 ヴィッセル神戸などで活躍し、現在は市のスポーツアドバイザーを務める柳川雅樹さんを中心とする実行委員会が企画。子どもたちに努力の大切さを伝え、プロを志してもらおうと昨年から開いている。

 イベントには、Jリーグ2部の柏レイソルに所属しチームの1部復帰に貢献した江坂任選手のほか、東隼也(福島ユナイテッドFC)▽江坂巧(バンディオンセ加古川)▽...    
<記事全文を読む>