サッカーJ1清水エスパルスを運営する「エスパルス」の左伴繁雄社長(64)が退任し、後任にプロ野球千葉ロッテマリーンズ元社長の山室晋也氏(59)が就くことが内定した。26日、クラブ関係者への取材で分かった。1月の臨時株主総会などを経て正式決定する見通し。
 エスパルスはゼネラルマネジャー(GM)と監督の交代を発表しており、新シーズンはフロントと現場の要職を一新して臨む。
 山室氏はみずほ銀行で執行役員などを務め、2014年に千葉ロッテの球団社長に就任。経営改革で観客動員数や売り上げを増加させ、18年に球団史上初となる黒字化を達成。球界ではアイデアマンとして知られる。<...    
<記事全文を読む>