来季からサッカーJ1リーグに昇格する横浜FC(横浜市)が1月15~25日、今年1月に続いて和歌山県上富田町でトレーニングキャンプをする。年末年始のオフを経て年明け最初の練習に再び上富田を選び、選手やスタッフ約50人が訪れる。

 横浜FCのJ1復帰は13年ぶり。来季に向け、温暖で設備が整った上富田スポーツセンターでチームが始動する。

 横浜FCの所属選手は、最年長JリーガーのFW三浦知良(52)、キャプテンで元日本代表のGK南雄太(40)、ともに元日本代表で海外でも活躍したMFの中村俊輔(41)、松井大輔(38)ら。20歳以下日本代表のFW斉藤...    
<記事全文を読む>