J1横浜Mは26日までに、名古屋に期限付き移籍していたU―20(20歳以下)日本代表のMF山田康太(20)と、新人FW山谷侑士(19)が来季はJ2水戸に期限付き移籍すると発表した。ともに移籍期間は2021年1月31日まで。

 藤沢市出身の山田はマリノスの育成組織を経て18年にトップチーム昇格。プロ2年目の今季はポーランドで開かれたUー20ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーに選ばれ、中心選手として活躍した。横須賀市出身の山谷はリーグ戦3試合に出場した。

 横浜Mを通じて発表した両選手のコメントは次の通り。

 山田 <記事全文を読む>