サッカーJ1で15年ぶり4度目のリーグ優勝を果たした横浜F・マリノスの喜田拓也主将らが25日、首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官(衆院2区)に快進撃の成果を報告した。菅氏は「素晴らしい成果」とチームを称賛した。

 チーム関係者は、シャーレ(優勝銀皿)とトロフィーを持参して訪問。黒澤良二社長によると、三浦知良選手らが所属する横浜FCが来季のJ1復帰を決めたことも話題になり、「横浜が活性化し、来年はもっと盛り上がる」と期待を寄せたという。

 面会後に記者団の取材に応じた喜田主将は「ファン、サポーター含め、横浜市民の皆さんの素晴らしいサポートがあった」...    
<記事全文を読む>