J1川崎は25日、鬼木達監督(45)との契約を更新し、就任4季目となる来季も引き続き指揮を執ると発表した。

 2017年にコーチから昇格した鬼木監督は、チームを同年からのリーグ連覇と19年のYBCルヴァン・カップ優勝に導いた。

 クラブは同日、元日本代表DFで川崎U―18コーチの寺田周平氏(44)=横須賀市出身=と、J2岡山コーチの戸田光洋氏(42)がトップチームのコーチに就任すると発表。今季限りで退任する米山篤志コーチ(43)=桐蔭学園高出身=が来季はJ2町田のコーチを務めることも決まった。

 クラブOBの寺田氏は「こ...    
<記事全文を読む>