中学生世代の日本一を決める高円宮杯第31回全日本U-15サッカー選手権大会は24日、大阪府のJ-GREEN堺などで準々決勝4試合があった。サガン鳥栖U-15はForza’02(東京)に1-0で勝利し、準決勝に駒を進めた。

 サガン鳥栖U-15は前半31分、FW浦十藏が先制ゴールを奪うと、後半も無失点に抑えて完封勝利を飾った。

 準決勝は26日、東京都の味の素フィールド西が丘であり、サガン鳥栖U-15はヴィッセル神戸U-15と決勝進出を懸けて対戦する。

 

サガン鳥栖U-15 1-0 Forza’02(東京...    
<記事全文を読む>