J1磐田は24日、MF太田吉彰(36)が現役を引退すると発表した。浜松市浜北区出身の太田は、磐田ユースから2002年にトップ昇格。スピードを生かした突破力が魅力の右サイドのスペシャリストで06年には9得点を挙げた。10年にJ1仙台に移籍したが、15年に磐田へ復帰。同年のJ1昇格に貢献した。最近2年間はリーグ戦の出場はなかった。J1通算310試合36得点。J2通算39試合4得点。
 太田はクラブを通じ、「磐田では13年間プレーできた。磐田で始まり、磐田で終わる。現役生活18年、みなさんに支えられ、幸せなサッカー人生でした」とコメントした。
 来季J2リーグのホーム開幕...    
<記事全文を読む>