急性白血病のため2016年に戦列を離脱したJ2新潟DF早川史哉(25)が、今年10月に約3年7カ月ぶりの公式戦出場を果たした。一時は選手契約も凍結したが、契約再開を経て復帰。現在の心境を聞いた。

 (唐沢裕亮)

 -夏場にベンチ入りしてから、10月5日のホーム鹿児島戦で出番が訪れた。

 「試合前夜に監督からスタメンを告げる電話があった。驚きと楽しみ、不安が入り交じっていた。どういうプレーがしたいかをイメージした。ホームの景色、どのくらいの人が入り、スタジアムがどんな状況なのかを想像していた」

 -実際にプレーして。

 「1対1での守備対応の...    
<記事全文を読む>