守山市播磨田町出身のJリーガー、村田和哉さん(31)=アビスパ福岡=が二十一日、同市服部町の野洲川歴史公園サッカー場ビッグレイクで開かれたサッカー教室(市文化体育振興事業団主催)で、地元の小学生百七十人と交流した。

 参加したのはサッカーのクラブやスポーツ少年団に所属する守山、野洲両市の小学三~六年生。村田さんはまず、リフティングなどの練習を毎日欠かさず行うよう呼び掛け、「五分でも十分でもいい。継続することが大事」と説いた。

 子どもと一対一でボールを奪い合う練習では、村田さんが相手の股にボールを通す「股抜き」を披露し、フェイントやリフティングも駆使して相手を幻...    
<記事全文を読む>