高円宮杯U-18サッカーリーグ「プリンスリーグ九州」の参入決定戦は22日、福岡県の福岡フットボールセンターであり、サガン鳥栖U-18セカンドがルーテル学院高(熊本)を1-0で下し、同リーグへの昇格を決めた。

 鳥栖は前半、FW二田理央のゴールで先制点を奪うと、後半も無失点に抑えて逃げ切った。

 プリンスリーグ九州は、クラブユースと高体連の垣根をなくし、高校生年代の九州の強豪10チームで競う。高円宮杯リーグの最高峰「プレミアリーグ」へ昇格を決めた鳥栖U-18は昨季までプリンスリーグ九州に所属していた。

 

サガン鳥栖U-18セカン...    
<記事全文を読む>