サッカーの皇后杯全日本女子選手権第9日は22日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮で準決勝が行われ、INAC神戸は2-3で浦和に競り負け、決勝進出はならなかった。3連覇を狙う日テレはなでしこリーグ2部のちふれAS埼玉を延長の末、2-1で退け、決勝(29日・NACK5スタジアム大宮)に進んだ。浦和-日テレの決勝は5大会ぶり4度目となる。

 浦和は2-2の後半32分に左CKを南が頭で合わせて勝ち越した。日テレは前半に先制しながら後半に同点とされたが、延長前半に小林が決勝点を奪った。

...    
<記事全文を読む>