サッカー日本代表で桐生第一高出身のFW鈴木武蔵(J1札幌)が22日、前橋市の県補助陸上競技場でサッカー教室を行った。県内の小学生120人が集まり、鈴木はミニゲームなどで一流の足技を披露した。

 準備運動を行った後、6コートに分かれてミニゲームを開始。鈴木は各コートを回り、「良い状況判断」などと選手を褒めながら笑顔で球を追った。終了後は「サッカーが好きな気持ちを忘れないでこれからもプレーして」と呼び掛けた。

...    
<記事全文を読む>