J1仙台は22日、MF石原崇兆(27)=172センチ、67キロ=とFWジャーメイン良(24)=182センチ、75キロ=と来季の契約を更新したと発表した。
 松本から今季加入した石原はリーグ戦で23試合出場。切れのあるドリブルを武器に左サイドで存在感を発揮した。2年目のジャーメインはけがもあり、リーグ戦で21試合出場の1得点にとどまったが、右サイドハーフに挑戦するなどプレーの幅を広げた。
 石原は「今季の悔しさを払拭(ふっしょく)し、チームと個人の目標を達成できるよう全力で戦う」、ジャーメインは「味わった悔しさを力に変え、覚悟を持って日々のトレーニングから全力で臨みた...    
<記事全文を読む>