最終ラインからボールをつなぐ神戸を前線から追い込み、パスコースを消す。ミスを誘い、逆襲につなげる-。清水の篠田監督が「狙い通りだった」と振り返ったのは、鋭いプレスからドウグラスがGKと1対1になった2度の場面だ。しかし、頼みのエースはいずれも決められず、天を仰いだ。
 リーグ戦から抱える守備の課題を改善できないまま3失点したが、この試合で勝敗を分けたのは仕上げの精度の差。竹内が「相手の攻撃をそれほど怖く感じることはなかった」と語るように、清水が主導権を握る時間帯も長かった。しかし、千両役者のイニエスタはしっかり1得点1アシスト。少ない好機を確実に仕留めてきた。
 タ...    
<記事全文を読む>