J1仙台の来季の監督に就任が決まったJ2山形前監督の木山隆之氏(47)の記者会見が21日、仙台市内のクラブハウスであり、木山監督は「ベガルタの新しいサッカーをつくるために全力を尽くす」と決意を語った。来季の目標は「(7季連続の2桁だった)順位を上げて1桁に入りたい」と掲げた。
 木山監督は就任の理由を「要請を受け、J1はチャレンジすべき舞台だと決意した」と説明。仙台の印象を「チーム全体でハードワークして頑張って戦う」と語り、J1で経営が最小規模のチームを率いることに「規模だけで勝負は決まらない。大きなクラブの中でしっかり戦いたい」と強調した。
 選手補強については「...    
<記事全文を読む>